classics.

2014/10/18 Satflickr

SPECIAL TODAY vol.2@心斎橋digmeout ART&DINER

DSC06784

そんな早く予約したわけではなく整理番号も微妙なところで、若干開場時間が押してはいたけれど、なんやかんやでわりといい席に座れた(オールスタンディングと書いてあったけど丸椅子が並べてあった)。気付けばだいぶ客が入って立ち見大量に出てたので、ちゃんと開場時刻には着いていてよかった。

DSC06797

最初の平賀さち枝さんは大体昨日と同じ調子で、大阪は意外と約1年ぶりとのこと(自分も行ってた気がする)。そういえば公式サイトなくてライブスケジュール察知できないので今後の関西での予定不明だった。

DSC06806

Enjoy Music Clubは自分は去年のボロフェスタで半分くらい観ただけだったのでちゃんと見れてよかった。『タイミング』のカバーや新曲の『BIG LOVE』(多分)も披露。

DSC06810

白い汽笛は何回か観ているけれどセプテットで観るのは初めて。特に江崎將史さんのトランペットとカメイナホコさんのサックス(でよかったかな)が入るとよりバンドっぽい厚みが出てる感あってよかった。憩いもあっていいですね。

DSC06844 DSC06862

Homecomingsの出番ではLED電飾なども登場しつつ、年末のアルバムに入る曲なども演りつつ。最後に平賀さち枝さんを迎え『白い光の朝に』を。そしてアンコールではそのまま『江の島』を。

そんなわけで終始いい感じで3時間半ほど楽しんで帰宅。

2014/10/17 Friflickr

平賀さち枝の京都で美味しいパンが食べたいなワンマンライブ@ SOLE CAFE

翌日のHomecomings企画にも行くのを若干忘れつつ予約していたので行ってきた。約2時間強ゆったりたっぷりと聴けて満足度高かった。初めて聴く曲も何曲か。白い光の朝にの初期デモバージョンを弾き語りで聞けたりしてこれはこれでよかった。花咲く丘へとかもやはりよくて音源化待ちという感じだけれど今年はリリース予定なさそう。

途中、ウェブサイトがなくなってドメインが失効したことについて聞いたのだけれど、レーベルを離れた際にそのまま更新されなくなってしまったとのことだった。丁度今日バックオーダーサービス使ってドメイン取られてしまっているので同じドメインでサイトつくり直す可能性は低そう。

あと、物販を玄関に忘れてきてしまったとの事だったので明日も物販はなさそう(確かグッズとかは作ってなくて自分はCDは持ってるので買うものもないけど)。

2014/10/14 Tueflickr

SHOS 23@旧グッゲンハイム邸

DSC06692 DSC06698

グッゲンハイム邸やっぱちょっと平日に行くには厳しいけれどなんとか行ってきた。oono yuukiさんが30分ほど→柴田聡子さんが小一時間→oono yuukiさん第二部30分ほど→アンコールで一曲ずつという流れ。oono yuukiさんは初見だったけど憩いありつつテクニカルでよかった(終電で急いでて物販見れなかったのは残念)。あと、なんとなく自分の従兄に似てる気がした。柴田聡子さんは未音源化の新しい曲結構多めでわくわく感あった。銀枠の丸い眼鏡でなくその前に常用していた黒縁眼鏡なのは新しい眼鏡を壊してしまったからとのこと。アンコールではギターを取りに行く時間を省略し、oono yuukiさんのギターを借りて演奏していて新鮮だった。あと、双方弾き語りでギターと声だけということもあってか、今日は特に会場の音響がよかった気がする。

帰りは最悪京都駅から歩くことになるかと思っていたけど、終電っぽいのになんとか間に合った。

2014/10/13 Monflickr

MINAMI WHEEL 2014 3日目 中止

台風で中止になってしまった。一応観ようと思っていたのは、ルルルルズ→小南泰葉→チャラン・ポ・ランタン→Shihhy Jr.→花柄ランタン→SEBASTIAN X(→山田エリザベス良子)。まあ公共交通機関が止まるというので仕方ないけれど、残念。

2014/10/12 Sunflickr

MINAMI WHEEL 2014 2日目

今日も最初から見ようと思っていたのだけれど、出かける直前にこのブログが動いてるサーバーがめっちゃ重くなってSSHもまともにできなくなってしまったので対処していたら遅れて、観ようかと思っていた佐々木萌を観るのに失敗。

そんな訳で今日はKeseran Pasaran,→アサミサエ→フィッシュライフ→水曜日のカンパネラ→印象派→惑星アブノーマルという流れ。水曜日のカンパネラ以外はわりとアドホックに決めたけど結構うまく行った。特にアサミサエと惑星アブノーマルあたりが個人的に収穫あった感。荷物もちょっと減らしたので肩痛くならなかったし今日はうまくいった。明日は、とりあえず最後のSEBASTIAN Xの入場規制かかる前に入れればうまく行く気がする。

あと、物販ではアサミサエのデモCD-Rと印象派の残り少ない『SWAP』を購入。

2014/10/11 Satflickr

MINAMI WHEEL 2014 1日目

南壽あさ子→テツコ→ガガガSP→go!go!vanillas→大森靖子&THEピンクトカレフ→天才バンド という流れで見た。カネコアヤノと阿部芙蓉美とかも観たかったのだけど、移動に失敗する不安から日和ってしまった。あと天才バンドの後大村みさこ見に行こうとしたら案の定迷ってしまって間に合わなかった。あとは BOMIも観たかったけど時間かぶりで断念。

テツコはその時間帯特に他に気になっているバンド等いなかったので直感で観に行ったらよさあったので最新のシングルも入手してみた。大森靖子さんのバンドセットでは初めて観たけどバンドの方が盛り上がりある感じあった。パフォーマンスはやはりさすが。天才バンドはやはり天才感あった。

MINAMI WHEELは1枠1時間で移動厳しいかと思っていたけれど、持ち時間は大体30-35分ほどのようで、入場規制とか前の方で観たいとかがなければ一応そんなに離れてない会場ならば連続で見れるようにできているという知見を得られた。あと、ガジェットが多くて肩が痛くなったので、撮影禁止なのでバッテリーの減りも大したことなさそうだし荷物減らしていきたい。

あと、結構出演者が宣伝のフライヤーとか無料音源を配っていたりと活発に動いていたのがチャンスを掴め感あって印象的だった。明後日出演の花柄ランタンの二人にも会ったので自分が入場規制に弾かれない程度に入ってほしいところですね。

2014/10/10 Friflickr

Shellshock狙いのUAからのアクセスログ

サーバーUbuntuなのでデフォルトシェルはdashだしbashもアップデートしてるので問題ないのだけど、Amazon EC2使ってShellshock突いた感じのリクエスト投げてきてるログがそこそこ(IPはひとつ)あったのでおロープ頂戴してほしいけど破壊的な処理しようとしてるわけでもないっぽいしよくわからないコマンドなので通報もできず。

2014/10/10 Friflickr

風邪の近況

症状は、咳・痰が出る、軽い鼻炎、ちょっとだるいという感じで熱は多分なかった(測ってない)けど週の頭に一日休んだ(土日も蟄居して休みがち)。二日程経過したら黄色かった痰が無色っぽくなった。咳は以前ちょくちょく出る。休んだ時に人生で数度目の風邪薬を飲んだ。軽く一ヶ月くらい咳が出ているけれど、先週くらいは咳のため腹筋が筋肉痛になった末腹筋が回復したものの、今週は席しすぎて腹筋が攣ったりしてピンチだった。さらに、また腹筋が筋肉痛になった。

2014/10/09 Thuflickr

手打大山そば 響

DSC06636 DSC06646

気になっていたものの1000円くらいからということで学生プライスではなかったため一度も行ったことないまま4年ほど前に閉店してしまい諦めていた響が4年ぶりに営業再開していたので行ってみた。

メニューにはあたたかいそばのメニューもあったけど、看板メニューのわりごそばを。三段になっている皿にそれぞれ盛られたそばに、薬味とつゆをかけていただくとのこと。量は三段で適量といった程度。お腹空かせていくと物足りないかもしれない。麺が太めでしっかり歯ごたえあるのとつゆをかけて食べるので江戸っ子的なぞぞっとすすって食べる感じではなかったけれど、シャレオツ感あってなんかいい感じだったし、隠れ家的な感じもあるのでやっていく気持ちになった時とかにまた行きたい。

2014/10/09 Thuflickr

はてなとnanapiの開発フロー in Kyoto@はてな

DSC06657
【nanapi x はてな】はてなとnanapiの開発フロー in Kyoto - connpass

タダメシだったので行ってきた。内容としては、まあそうだろうなという感じの、CIだったりスクラムだったりリモートワークだったりの話とか。気になったのはチャットツールをコロコロ変えるのはログの管理(検索したり)が曖昧になりそうでどうなんだろうというところだったけど、SlackなんかはIRCゲートウェイあるらしいし結局IRCのログでまとめて管理できそうという話を懇親会で聞いた。まあどうせbotとかwebhookくらいIRCでやっても大して手間変わらないやんけと思うので、IRCでいいと思う。

懇親会ではひと通りスシとピザを食べてのんびりしてたらnobuokaさん(認識はしてるけどほぼ交流はなかった)が懇親してきていい人っぽかった。