classics.

2017/08/12 Satflickr

ブログの新着を投稿するTwitterアカウント作った

主にSEOのため実験的に。ポリシーとしては、人間が投稿するアカウントと分けるというのと、Twitter Cards対応してるのでURLだけ投げてタイトルをわざわざ投稿しない。前者は、特に興味のない人に読ませたくて書いてるわけではないというのと、個人の感想として人間の書いてるアカウントにごちゃごちゃ別の投稿が混ざってるのが嫌いなので。後者はTwitter検索とかまで含めてSEOしたいとなると含めた方がいいのだろうけれどクロールさせるのが主な目的なので別にいいというのと、TwitterのUXとしてTwitter Cardsが提供されてるのに再度タイトルを書くのは知性がないという考えによるもの。あと最近ゴミスクリプトをあんま書いてないのでリハビリの手始めとしてというのと、livedoor Readerがついに終わってしまうので一応RSS以外のチャンネルも用意するかという気持ちもある。

2016/08/15 Monflickr

HerokuにデプロイするWebアプリを作りたいメモ

技術的には大したことなくて、大して使われないはずなのでHerokuの無料枠にでも置くかなという感じのWebアプリを作りたくなっているのでそのための事前準備メモ。Heroku使ったこと無いので。

  • Rails前いじったりしていけそうな気がするのでRailsでやる
  • 手元に仮想環境作ったりめんどいので開発作業はさくらVPSでやる
  • TODO: Herokuで使えるRubyとRailsとかのバージョン確認する
  • TODO: 何かあった時のためにHeroku脱出手順も確認
  • DB は無料枠で使えるのがあるらしいので確認

2016/04/26 Tueflickr

Google Latitude の Badge の代わりに Public Location Badge が便利

Google Latitude が終了して3年くらいだけれど現在地を Web API 的に取得できる方法が未だになくて Twitter IRC Gateway からの投稿に現在地の位置情報を付加する機能を停止していた昨今だけれど、Public Location Badge という代替になりそうなのを見つけたので復活させることができた。

http://www.publicbadge.com/

仕組みは Google Latitude と同じで、Android 端末にアプリをインストールして ID を取得したら専用のページを Web Badge として iframe で埋め込んで使えるというもの。JSON をロードしてるのも同じなので、エンドポイントだけ変えれば前のコードがそのまま使える。動かなければ更新間隔も調整してくれてるっぽいのでそんな激しく電池が減ることもなさそう。

ちなみに Google Maps の Timeline から KML を取得するとかも試してはみたのだけれど、キャッシュが効きすぎているのかせいぜい数時間前とかしか取れなくて諦めた。Google Latitude の現在地共有機能は Google+ で使えるし、履歴は Google Maps の Timeline が便利なので、とりあえず Google Latitude が終わって困っていたことはなくなったはず。

2016/04/26 Tueflickr

適当に apt-get upgrade してたら CPAN モジュール再インストールする羽目になったのでメモ

Perlはtiarraとこのブログしか使ってないのだけど、いつの間にかPerlのバージョンが上がってたのかなんかおかしくなっててCPANモジュール再インストールしたのでメモ。もしかしたらまだ足りないかもしれないけど…。

  • Serene Bach
    • Jcode
    • LWP::UserAgent
    • XML::Atom
  • tiarra関係
    • JSON
    • Crypt::SSLeay

2015/07/20 Monflickr

gem で taglib2 を入れるのに失敗する

自宅オーディオプレーヤーの復活を大分先延ばしにしていたので再度着手している…。taglib2 入れようとしたら native extension どうこうでこけたので、その対処をメモ。

$ sudo apt-get install libtagc0-dev

したら普通にいけました。参考 http://stackoverflow.com/q/28418864

2015/06/13 Satflickr

Amazon のログインリンクが変わった気がするので Mechanize で対応したメモ

agent.page.link_with(:text => "サインイン")

で動いていたのだけれど動かなくなっていたので

agent.page.link_with(:text => /サインイン/)

にしたら動くようになった。なんかJSで頑張るように更新されてる気がする。

2015/04/21 Tueflickr

mongo gem を 1.12.0 から 2.0.2 に上げた際にはまったこと

リハビリとして sinatra アプリでも書こうと思って Ruby を 2.2.2 に上げたり gem 入れなおしたりしてたら mongo gem ではまって、find_one メソッドが消滅していた。

2014/12/05 Friflickr

日記

衆院選の選挙期間にも入ったということで、意識の高さを発揮し、議論を深めるために選挙カーAAとそのジェネレーターを作った(元はワゴン車AA)。久しぶりにJavaScript書いてちょっと疲れた。あと、AAの作り方に関する知見が深まった。

http://oq.la/senkyo_car/

2014/08/21 Thuflickr

Go言語をやっていく気持ちになった

今更だけど、Go言語(golang)を始めようという気持ちになった。8割方はなんとなくだけど、Windows用のバイナリを作りやすいという噂があるのと他のプラットフォームにも対応させやすそうな感じがするので。

モバイル環境で開発できるといいなということで、残りストレージ7GBくらいしかないけどWindows 8.1タブレット(32bit)をメインの開発環境にすることにした。まともなBluetoothキーボードはあるのでコード書くのに不便なことはないはず。

入門するのにどのあたりから入るのがいいか最近golangとかscalaづいているという話のはて社の美顔器氏に伺ったところ A Tour of GoGo by Example を教えてくれたのでこのへんをいじってみようかと。あと適当にe-book探したら An Introduction to Programming in Go が引っかかったので配布されてた無料のPDF版をKindleに突っ込んでみた。この本の情報が古い可能性はある。

そんな感じでやっていく気持ちが出てきたところで、初日だしとりあえず端末にコンパイラ入れるかということで公式サイトのインストーラー(go1.3.1.windows-386.msiってやつ)を使って入れた。普通にさくっとインストールできたので特に問題なし。Windows再起動したらパスも通ってcmd.exeからもcygwinからもgoコマンド叩けるようになった。

2014/01/13 Monflickr

Google Latitudeの現在地取得の代わり案

Google Latitude廃止まではLocation Badgeを公開にしておけば認証なしでjson APIっぽく現在地取れたけど、廃止されてから取れないので代わりを模索中。具体的には、現在地を取得して、Twitter IRC Gatewayからの投稿に位置情報として付加していたのができなくなっている。

まず最初に考えていたのがGoogle+ APIのプロフィールのcurrentLocationプロパティから取るのだったけど、地名しか取れないので精度の問題でよくないのと、APIが面倒でよくわからない(試しに取ってみたらcurrentLocationとかみつからなかった)。なので、諦めた。

で、いけそうかなと思ったのがこれ http://stackoverflow.com/a/17626982 。Location HistoryはGoogle Mapsに統合されて生き残ってるので、KMLのAPIを叩いて取得するという方法。大体リアルタイムに反映されているのでLocation Historyで問題ない。ただ、これはWebでGoogleにログインしていないと取得できない。自分だと二段階認証設定しているのでわりと面倒なので、Mechanizeでcookie保存とかもしつつやる感じになりそう。なので、やる気が高まったらやりたい。