classics.

2018/11/04 Sunflickr

炎の十八番企画! ぷぷぷ二回めの来京記念! 『上京ツアー』in京都十八番

花柄ランタンとIKIMONO見れるし行くかという割と軽い気持ちで十八番に。

IKIMONO

IKIMONOは新曲もできててやはり良い。声のパワーが楽器の音に負けてないのがいいですね。

ぽてさらちゃん。

ぽてさらちゃん。は奇をてらった衣装と思いきやガチでやっていく感じで大森靖子さんに近い熱量あった。

象の背

象の背はやや癖がある感じ?だけどハマるし要チェックや。ロックコミューン侮れない。物販見つからなかったからスルーしてたけどないことはないっぽい?

花柄ランタン

花柄ランタンは安定の良さ。新曲2曲も披露でそういえば今日はぷきさんがヴォーカル専念スタイルだった。

ぷぷぷ

トリのぷぷぷfrom鹿児島はサーチャビリティー低そうな名前と衣装の配色がどうかなとは思ったものの曲・演奏・コーラスワークなどめっちゃよかった。12月から上京して勝負に打って出るようなので東京の人はチェックしてください。自分はあまりそういう感じはしなかったけれど昭和歌謡ロックを標榜してるあたり、近年はまってるバレーボウイズに近いものがあるのかもしれない。

2018/11/04 Sunflickr

林青空路上ライブ@三条大橋下

林青空

色々検討しつつ予定を組んだ結果丁度行けるかなという感じだったので三条大橋下あたりにてミナホ以来。12月4日に自身初の弾き語りワンマンをJANUSで決行ということでその宣伝&武者修行的な位置づけの様子。風邪の病み上がり&まだ喉の調子万全ではないようだったけれどカバーなども織り交ぜつつゆったりと。最後まではいれなかったけど色々と思いなど話してるのも聞けてよかった。4日は火曜で大阪に行くのはやや難しいかなというところだったのでチケットは買えなかったけど地道な活動結実してサクセスしていってほしいですね。

2018/11/03 Satflickr

京都精華大学 木野祭2018

バレーボウイズ結成のきっかけとなった木野祭にバレーボウイズ凱旋ということで久々に精華大に。

バレーボウイズ

というわけでバレーボウイズです。45分ステージのはずだったけれどあっという間だった。似たセットリストで毎週見て飽きそうなものだけれど全然飽きないし毎回高揚感あって最高。来週もアメ村天国で見るぞという気持ち。

バレーボウイズ バレーボウイズ バレーボウイズ バレーボウイズ バレーボウイズ

続いて別ステージでSUNNY CAR WASHも来ていたので最近見れてなかったので見た。

SUNNY CAR WASH SUNNY CAR WASH

純粋で無邪気に音楽を楽しむ雰囲気とか、倉内太さんに通じるようなものを感じた。まだ21で大学生と同世代ということで若いエネルギーも。

うきうきだいじん

Homecomingsを排出したフォークソング部からうきうきだいじんというバンドも出ていたので若いエネルギーをもう少し見ておくぞという気持ちで見た。4回生で最後ということで途中感極まった感じもあり、青春。

IMG_20181103_161034

その後ちょっとふらふらして脱出。

2018/10/28 Sunflickr

ボロフェスタ2018 3日目@ KBSホール

レッドブルを注入し、オールナイトからの短めの睡眠で無事一発目のバレーボウイズに。

バレーボウイズ バレーボウイズ バレーボウイズ バレーボウイズ バレーボウイズ

バレーボウイズは最近の入り方であるアサヤケ→卒業の鉄板パターン。最後はタイトルコール。既に最高でしたね…。

Special Favorite Music Special Favorite Music

そしてSpecial Favorite Musicが続く。ここまでの2組だけでも十分満足ですね。割と最近の曲多めでDribble、GOLDあたりはなかった。

MONO NO AWARE MONO NO AWARE

久しぶり気味のMONO NO AWAREもよい。ギターの加藤氏が5年前のボロフェスタを初めて見に来てHomecomingsで裏のステンドグラスが出てきたところが強烈に印象に残ってるというエピソードが出てきたり。

トクマルシューゴ

トクマルシューゴが続き、怒涛の布陣でメインのホールから出られない。少ないMCで言いたかったことはA4コピー用紙に1文字ずつ印刷してビルの内側から宣伝するデザインが大嫌いとのことです。

Hi,how are you?

ホール脱出してJOKER STAGEでHi,how are you?を。原田くん実家に帰ってしまってからは見れてなかったけど爆発してましたね。

というあたりで上洛中のyuiseki(初日に誘った)と合流。小休止。

ネギ(バレーボウイズ)

の後JOKER STAGEに戻りシークレットアクトのネギくんfromバレーボウイズ。去年も弾き語りでひとりバレーボウイズとして出ていたけれどなかなか弾き語りで連続で参加はレアな気がする。ハルカゼの終わり方とか最高。soundcloudも最高なんで聴いてくれ。

サニーデイ・サービス

ホールに戻ったらサニーデイ・サービスやっていたので遠めに。大分混んでいたな…。泣いてる人とかもいてさすがの人気度だった。

カネコアヤノ カネコアヤノ カネコアヤノ

そしてこちらも目当てのカネコアヤノ(bandset)。去年は弾き語りでどすこいステージにて圧倒的だったけれどことしはバンドメンバーを引き連れて。この日は序盤が最高だったなと言う気持ちだったけれど、ここでまたピークが来たなというところ。やはりロックスターでしたね。

在日ファンク

そのままホールにとどまり、在日ファンクを遠目に見つつチルモードに入り気味になる。

GEZAN

続いてGEZANを最後方から。全感覚祭とか行ってたものの見れておらず、だいぶ久しぶりで数年ぶりだった。以前のボロフェスタのエンドロールで使われたエピソードからの出演オファーなど、エモかったですね。

Limited Express (has gone?)× ロベルト吉野 Limited Express (has gone?)× ロベルト吉野 Limited Express (has gone?)× ロベルト吉野

ちょっとステージに近づきつつも安全地帯からLimited Express (has gone?)× ロベルト吉野。アイドルオタク入り乱れてはちゃめちゃでしたね。最後にはトリで出るBiSHも出て来て更に混沌。

台風クラブ

トリ前の台風クラブ from 京都は割といいポジションで。安定の良さそして台風銀座の盛り上がり。

BiSH BiSH BiSH BiSH BiSH

BiSHは連続で出ているもののアイドルに興味がなく全く見ていなかったけれど、トリを任される人気と関係性の理由を体験するぞということで雑に写真撮ったりしていた。感想としては、歌唱力がなかなか高いメンバーが数人いるっぽくあなどれないなというのと、あまり休憩なくダンスとかやっていつつもちゃんと歌えているっぽいのは踊って疲れて歌うの疎かにしてないで歌うのに専念しろよ派としてはやるやんけという感じでした。あと、コールとかリフトとかのアイドルオタク仕草禁止令が出て比較的治安のある感じになって結果的にリミロベのときのカオスっぷりがピークだったというオチになったのがなんかよかった。あと気になった曲は、ワンフレーズずつ肩たたきしつつ歌いつないでいく曲が超新塾っぽくてよかった。

DSM09306 DSM09337

そしてエンドロールではR.I.P ECD。

DSM09346

ということで今年の総評としてはタイムテーブルなど色々と意図が感じられれてよかったし、個人的にもいい感じに見れてよかった。そして毎年だけどスタッフ・出演者ともにボロフェスタ愛を感じた。マドラグのまぜ麺もおいしかったですね。スペースとか色々仕方ないのかもしれない&今年に限ったことではないけれど、自分は終演後とか都合のいいタイミングで物販に行くタイプで、物販の時間が限られていてほとんど見れなかったのが機会損失な感じでやや残念ポイント。同じくスペースの問題でドリンクのあたりに行列できるのはなんとか解消してほしいというのもややある。あとはやはりインターネット環境なんとかしたいですね。

2018/10/28 Sunflickr

ボロフェスタ2018 vol.夜露死苦@京都メトロ

最後にライブするおとぼけビ~バ~がメインの目的なのでオールナイトに久々のチャレンジ。

And Summer Club

And Summer Clubやや久々に見たけど記憶よりかっこよかった。

キイチビール&ザ・ホーリーティッツ

キイチビール&ザ・ホーリーティッツはキイチビール君が3週間前くらいにワニ食べてたら彼女ができていい曲できるようになったとかでその新曲なんかも。

TORIENA

TORIENAはあれもしかして普通に歌うやつでゲームボーイ出てこないのかと思ったらゲームボーイ出てきて安心。

Seiho

こちらもマルチネ界隈と思いきや飛び出してどんどん大きくなっていたSeiho氏。怒涛の音楽という感じでしたね。

imai(group_inou)

imai氏は初見だったけど唐突に客の帽子投げたりして破天荒だった。

ゆーきゃんカラス・クインテット

なんやかんやで3時くらいになり、主催者でもあるゆーきゃんカラス・クインテット。治安と憩いがあった。

おとぼけビ~バ~ おとぼけビ~バ~

そして色々あった末ついにおとぼけビ~バ~。しょっぱなからよよよしえさんのダイブでやや驚きつつも楽しんでいたけれど、セクハラ外人みたいのが発生して穏便に隔離する感じのアクションに気を配らなければいけないのがやや治安の悪さだった。気持ちよくライブしてもらってそれを楽しんでいきたいですね…。

というあたりでライブを見終えて帰宅。

2018/10/27 Satflickr

ボロフェスタ2018 2日目@ KBSホール

土曜は夜の部もあるし翌日も初っ端から見たかったので体力温存したかったけれどあまり温存できずたくさん見た。

Homecomings Homecomings

2日目もトップバッターはフロム京都でHomecomings。ニューアルバム出たばかりで今回はコーラスワークがより良かった気がした。あまりガンガン行くぞというようなセットリストではなかった。

ハンブレッダーズ

ハンブレッダーズは初見と思いきや去年VOXhallで見てた。青春パンク的な。

アイアムアイ

一旦外に出たりしつつアイアムアイ。今回もかきあげてました。

踊ってばかりの国

ホールに戻って終わりかけの2をちょっと見つつ踊ってばかりの国。強い…。

Dos Monos

そのあと唐突に始まったSTEEL DANBALL RUN レースを見て、Dos Monosもちょっと見つつ地下へ。

CASIOトルコ温泉

地下でまずCASIOトルコ温泉。シンセ先輩いつの間にかメンバー外になってた…。小豆がいつもより舞っていた気がする。

Moccobond

そして今年からホストバンドとして参加しているMoccobond。3日前のSMOOTHIES企画でちょっと話したの覚えててくれて初日帰りにニシケケさんが声かけてくれたので晴れ姿を見ないとなということで。前説にモグラさんのエモいトークなんかもありつつ、ライブもめっちゃよかったですね。

TENDOUJI TENDOUJI TENDOUJI

そのまま地下でTENDOUJI。TENDOUJIは地下に収まるのかと思ってたけどやはりパンパンだった。暑さもピーク。

The Songbards

そしてメロディーとコーラスワークで聴かせるSongbards。そろそろ人気爆発するのでは。

tricot

ホールに戻り遠めにtricotを見る。京都のバンドではあるけれど意外と初見。もうちょっとちゃんと見ておきたい。

tofubeats

どんどん大物になるtofubeatsが広いステージで一人。フロアはがんがん盛り上がってたし「音楽を止めるな!」と掲げたところにDon't Stop The Musicをしっかりキメてきつつ最後はRIVERでしっとり。

butaji

JOKERステージに移動しbutajiさん。なんかよかった。そしてチューナーが壊れたまま沖縄へ…とのこと。

ラッキーオールドサン ラッキーオールドサン

リンボーを止めるな!をはさみつつJOKERステージトリのラッキーオールドサン。まだ京都でニューアルバムレコーディング中ということでそれを抜け出しての出演とのこと。アンコール前のラストではオロナミンCのウクレレバージョンでも。ニューアルバムも期待大ですね。

そして岡崎体育もちらっと見つつメトロに備え一旦帰宅。

2018/10/26 Friflickr

ボロフェスタ2018 1日目@ KBSホール

今年も全部行くぞということでKBSホールに。徒歩15分。

KBSホール

今年の入り口看板。テーマはサーカスとのこと。

IMG_20181026_175215_01

時間に少し余裕があったのでホール内部VR。

ミノウラヒロキ MC土竜

そして開始。今年のオープニングはピエロに扮したミノウラヒロキ氏が客を煽りつつ自転車をこいでゲージを上げていく。そして塔の上からはモグラさんのご挨拶。音楽を止めるな!というメッセージを打ち出していく。

ベランダ

トップバッターは京都のベランダ。また全国区ではないかなとは思うけど他のバンド目当てに来た客に聴かせてやる感があり良いブッキング。

ナードマグネット

俺たち労働者には休む権利があると叫ぶナードマグネット。意外と初見。

Crispy Camera Club

途中で地下に移動し最近割と見がちなCrispy Camera Club。レコ発ツアー初日と位置づけて気合の入りっぷり。サポートの稲本さん(Pale Fruit/ex 花泥棒)もテンション上がり気味。今年の地下は段差が発生しており最前じゃなくてもやや演者が見える。最前だったけど。

折坂悠太

地上に上がり折坂悠太さんを。2度目だけどはやり良いしもうちょっとチェックしていくかもしれない。

the engy

そして再度地下に潜りthe engyを途中から。ほぼいっぱいでぎりぎり入って見れた。

ボギー

地上に戻りボギーさん。

ボギー

恒例のカーニバル、贈る言葉そして胴上げ。やはりボロフェスタに来たら胴上げしないと…。

そのままゲリラ的に始まったリンボーダンスでは眉村ちあきが優勝をかっさらう。

打首獄門同好会

ホールに戻り今年武道館を制した打首獄門同好会。初見なはずだけど聞き覚えはあった。

MOROHA MOROHA

そして初日トリを務めるMOROHA。割と高めの期待していたけれど応えてくれた素晴らしさ。

ということで1日目終了。いい流れて見れた。

2018/10/24 Wedflickr

SMOOTHIES presents 「Drink Up」@心斎橋CONPASS

SMOOTHIES

SMOOTHIES見るぞということで心斎橋に。

the engy Moccobond project open source

Moccobond、the engyはボロフェスタにも出るし直前のいいタイミングでチェックできた。もうちょっとちゃんと聴くかということでCDも入手。project open sourceはなんてググラビリティーの低いバンドなんだ…と思っていたけど聴いたらなんかヴォーカルがめっちゃ魅力あるやつやん‥と思い、確認したらBrian the Sunの人のプロジェクトだった。道理でファンが多かった。ベースのアグレッシヴさも印象的。

SMOOTHIES SMOOTHIES

主催のSMOOTHIESはもうおなじみになりつつある脱力系のMCで、ドラムのテシマコージさん脱退の経緯もやけに面白く語っていて前向きな感じだった。そしてやはり山田エリザベス良子さんの声が素晴らしい…。配信で聴ける時代なので聴いた方がいいと思います。

2018/10/22 Monflickr

テニスコーツ×吉田寮食堂

テニスコーツが急遽吉田寮食堂でライブする(カンパ制)という情報を得たのでふらっと行ってきた。吉田寮は近くて最高。ふたりとも吉田寮来訪歴はあるもののライブは初めての様子で、以前来たときのエピソードとか適度に話したりしつつ。週末の機会を逃し続けていた池間由布子さんとのコラボなんかも見れてよかった…(終電で下洛するようだったので時間帯的に2曲共演してそのまま帰ったと思われる)。スズメンバの本田さんやTHE OXYGEN DESTROYERSの坂本くんがラップで雑に乱入してたのも良かった。というわけで(替え歌的ではあるものの)吉田寮の歌なんかも出たりして語り継がれる感じのいい夜でしたね。一時は10月に入ったら強制退去とかもあり得るかと思われた吉田寮だけれど固定電話止められたりなどありつつまだなんとか持ちこたえているようで、個人的にはそのままやっていってほしいけれど単純な問題ではないのでなんとか平和的にやっていってほしいですね。

テニスコーツ テニスコーツ×池間由布子 テニスコーツ テニスコーツ

2018/10/21 Sunflickr

太陽と星空のサーカス@ロームシアター京都

ザ・なつやすみバンドがフリーライブするということで岡崎公園のあたりに。去年もバレーボウイズと柴田聡子さんなど見に行ってたし趣味が合う。30分前くらいについて一応待ってたらどんどん聴衆が増えてきたのでいいタイミングで到着できたと言える。ライブは小一時間ゆったりといい感じでしたね。あまり聞き慣れていないシャキーン!への提供曲なども交えつつ新旧様々な曲たちを。蜃気楼のTNBバージョンや、アンコールではハレルヤも聴けた。終演後にはシャングリラで人多くて断念してた新譜へのサインももらえたりした。

ザ・なつやすみバンド